平昌グラマー

平昌県は四川省東北部、米仓山南麓、北緯31°16』−31°52』、東経106°15』−107°34』、東接達州市万源市、宣漢県南到市達川区、渠県西邻南充市儀隴県、象山県北通江県さえ、マニトバ州区。延昌県は2229平方キロメートル、1つの道事務所を管轄しており、28の町村の行政村、約3960人、人口107.1万人(16年)、このうち、農業人口は86.16万人、耕作面積は62.68万ムー、農業人口86万人、農地約86万人、耕地面積は57.5万ムーとなりました。平昌県系の中国の貧困撲滅開発の重点県は、国家司法府、省新改革委員会、省路橋グループの決定点である。


002.jpg


第2の蘇州区

平昌は、全国第2位の蘇州である川(チョンサン)の中国革命の本拠地である腹心地帯で、江口県・ソビエト政府を設立し、3万人の平昌の子供たちが、紅軍に参加して5000人余りの血を流すことができた」と話した。わが党の韓国軍の早期に重要な指導者の一つ、プロレタリア革命家の劉伯堅烈士が誕生し、そのために金さんなどの共和国将軍7人が誕生した


資源は豊饒である

中河は747・747,水力埋蔵量13.51万キロワット,または3万3000 kwを開発し,全国の「長治」の工事の先に県を建設し,全国の水利建設に先入県を建設した。一般的に、植物50余科、160個余り、森林カバー率は34.7%だった野生動物は多種多様だ。石英砂などの鉱物資源埋蔵量が豊富である。稲、小麦、トウモロコシ、サツマイモ、ジャガイモ、油菜の種を生産しており、蚕の繭、茶、ピーナッツ、サトウキビ、タバコの葉、果物、黄(緑)豆、豆、板栗、クルミ、キウイなどの製品が豊富である。江口アルコール、小角楼での焼酎、川平牌菜種油、皇山香茶など15の優良製品を全国に誇る。


実現は2013年、平昌県地域総生産(gdp)は102.07おく元で、前年比10.8%増、総量、成长率均全市の第1位には、成長、オーディションの平均より0.8%高い、全市平均より0.1%高い経済成長が続け省、市の平均より他県(区)の発展や市内の傾向を見せている。3次产业の构造は、2012年の25.2 - 48.42、26.38から19.08、52.94、27.98となりました。


経済概況

第1産業

2013年の1産業では増増の19.47億元で、前年同期比3.7%増加し、2012年より0.1ポイント向上し、経済成長に対する寄与率は8.3%で、経済成長の0.8ポイントを上げた。農業生産は着実に増収された。農作物の種の種まき面積は10.7万ヘクタールで、昨年同期比0.5%増加した。このうち、食糧種の種まき面積は7.2万ヘクタールだった。穀物、石油、野菜の総生産高はそれぞれ37.6、4.06、19.95万トンで、昨年同期比1.3%、1.7%、3.7%増加した。畜産物は養殖の拡大を図る。出欄では豚、肉牛、羊、家禽類、家禽類、卵の生産量はそれぞれ91.37万頭、5万5000頭、3.9万頭、242万、0.98万トン、それぞれ2.1%、1.7%、2.3%、4.8%、1.3%、1.3%、0.98万人と増加した肉類の総生産高は7.54万トンで、前年同期比2.2%増加した。保存用の豚、肉牛、羊は、それぞれ52.42万頭、11.34万頭、5.42万頭、それぞれ上昇して1.5%、1.9%、0.4%、0.4%となっている。農林漁業の生産は安定的に増加している。2013年には、県の農林水産漁業は34.71億ウォンを生産し、前年同期比3.72%増となった。このうち、農業、林業、畜産業、漁業、農林畜産サービス業は、それぞれ生産額の14.81、0.63、16.35、2万3000、0.6億ウォンを達成し、前年同期比2.96%、4.79%、4%、6.49%、4.4%を増加させた。


第2産業

2013年、2次产业増価54.04おく元、同6.5%増、gdp規模では1ポイントダウンの52.94%、経済成長への寄与率は64%と、6.5%の経済成長をけん引。工業経済は安定している。2013年、36の規模以上の工業企業が総生産高147.56億元を達成し、23.3%増加した工業の増補値が38.8億元で、前年比平均比0.2%増の11.4%の増加となった。増量の伸び率は、全体的には全体的に全体的なものだ」と述べた。


第3産業

2013年の3産業では、前年同期比の10.5%増の28.56億元を達成した経済への寄与率は27.7%で、2012年より27.4ポイント上昇した経済成長率3.5ポイントを牽引する。消費市場はよりいっそう活発になった。平昌県は、社会消費財小売額の40.27億元を達成し、14.6%を増加させており、上限額以上の企業は、売上高16億52億元を達成し、2012年同期の2.5倍を記録した」と明らかにした。主な特徴:1つは全市ランキングを前にした。2013年の県社会消費財小売総額の総量、成長率は全市で2位となり、総量は2012年と同じ水準で、成長率は2012年に比べて2つの順位を上げた。2つは消費地域を見て、都市と農村の消費市場の発展の格差が縮まった。2013年の町消费は30.93亿元で、全体の76.8%で、15.4%を増加した田舎の消費総額9.34億元、11.9%増加し、都市部と農村市場の成長速度の差は昨年の3.9ポイント縮小3.5ポイントを狭く、0.4ポイント。3は、消費業界から見て、卸業、小売業が主導的な地位を占め、宿泊業、飲食業の総額が小さい。その中で、卸業は8.72億元、8.4%増加した小売業は26.47億元で、15.8%増加した宿泊業は1億17千元で、18.1%増加した外食業は3.92億ウォンを達成し、20.3%が増え、2012年より3ポイント向上した。サービス業の増価成長を続けている。2013年、交通渋滞、倉庫、郵便局の増増値は3.73億元、6.9%増加した金融業の成長率は1.06億元で21.9%増加した不動産産業増価3.5おく元の実現、13.1%成長;情報伝達、コンピュータサービスとソフト业界実現増価0.48億元、成長7.6%;公共管理と社会组织実現増価5.25億元、成長の11.3%だった。



COPYRIGHT HY-JT.CN 2018 ALL RIGHT RESERVED
Powered by sckingshi.com